アメリカからのEメールは短い。 Emails from the United States are quick and short.





 いつもお世話になっております的な言葉は、ほとんど書いてないですね






日本とアメリカでは、いろいろな生活の場面で

文化が違うなぁと思うことがあります。

これらは伝統に基づいた状況においてだけではなく、

ごく近代的なものにおいても感じることがあります。


たとえば、メールの書き方です。


ビジネスや研究の関係で、

アメリカに住んでいる人々とやり取りすることが多々ありますが、

特徴としては、

Eメールに長い挨拶の言葉を書かかず、メールそのものが短いということです。






一般に日本でのEメールは、文頭に

いつも大変お世話になっております

とか

平素より大変お世話になっております

といった挨拶が来ることが多く、

用件に入るまでに、クッションがあります。


また、最後に

ご多用のところ、恐縮ではございますが、なにとぞよろしくお願いします

と言った文で締めることも通常でしょう。



それに対してアメリカから来るメールは、HiかHello程度で、

その後はすぐ用件に入ります。

そして、本題の内容も短い傾向です。



どちらが良いとかそういった話ではなく、だいぶ文化が違うなと感じます


私は日本国内の人に対して日本語でメールを書くときには、

やはり「日頃より大変お世話になっております」

的な一文を入れています。


他方、アメリカの会社や研究所等とやりとりをするときは、

HiとかAlohaの後、すぐ用件に入ります。


という風に、相手によって使い分けているわけです。


日本国内でのやりとりの場合、

一旦挨拶を置くのが普通であるとすれば、その通例にならい、

英語のメールの場合は長すぎると、?と思われる傾向がありそうなので、

さっさと用件を書きます。





ビジネスや研究関係のやり取りは挨拶文なしでもOK、そっちが普通だよというのは気が楽で良いです


しかし、やはりそれぞれの文化です。

日本でこれをやるとちょっと無愛想な感じになりますよね。


文化の力と言うのは本当に強いものだなぁと思うのは、

10代の後半か20代の初め位の学生とやりとりをする時

どの学生もメールの最初のほうに、

丁寧な挨拶の言葉を入れてくることです。


「いつも大変お世話になっております」

「このたびは大変温かいご指導を賜り誠にありがとうございます」

と言った感じです。

そうかこんなに若い人たちでも、

やはり日本では挨拶文を結構長く入れるんだなぁと思ったものです。


正直、ぱぱっと用件のみのメールを書いて送る方が、速いし楽ではありますが、

こういう丁寧な習慣というのも、それはそれで良いものなのかもしれません。


「郷に入っては郷に従え」  ですね。







今日の英単語:  cataract  白内障    presbyopia 老眼








英単語の海を泳ぐ diversity and globalization - にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ