中古毛皮について思うこと    my thoughts about used fur goods





 毛皮の使用を中止するファッションブランドが多くなってきた





毛皮にするために飼育され、最終的には毛皮製品になる動物たち。

その存在が注目され、毛皮製品の生産に批判の目が向けられるようになって久しい。


もともとfur-free(リアル毛皮を扱わない)のブランドとして知られている

ステラ マッカートニーはもちろん、

プラダ、グッチ、マイケル・コース、カルバン・クラインなど、

名だたるブランドの多くも、fur-freeに舵をきりました。


ブランドによっては旧在庫の毛皮製品は販売するというところもあるようですが、

いずれにしても今後は毛皮を使った製品を新たには生産しないということです。




ここで気になるのは今までに市場に出された中古毛皮をどうするのかです


こうしたリアル毛皮をやめようという動きは、ここ10~20年ほどにおいて

きわめて活発になったもので、

その前は、冬が厳しい地域をはじめ各地で、毛皮は愛用されてきました。


日本では、毛皮のコートはそれほど多くないものの、

コートの袖口やネックなどに毛皮をあしらったり、

毛皮のマフラーや帽子、バッグなどは広く利用されてきました。

手入れさえきちんとしていれば、長持ちするこれらの毛皮製品を

今後はどうするのか?



2019年に禁止令が発効したサンフランシスコ市

大都市としては、サンフランシスコ市の毛皮禁止令がよく取り上げられます。

サンフランシスコ市では、新しく毛皮製品を作り、

流通させることはできなくなりました。

「店が2018年3月20日以前に仕入れた在庫の毛皮製品については、

2020年1月1日まで販売を可能とする」

とありますが、現時点(2021年11月28日)では、期限切れとなってだいぶ経ちます。


ただし、骨董および中古の毛皮の流通は規制していないようです。

ここが難しいところですね。




中古の毛皮を大切にしたいが、世間の視線が刺さる


古い、たとえば親の代からの毛皮のストールをして、街に出たとします。

「これは最近買ったものじゃないんです。もう70年以上前のものなんです。

母の形見です」

と説明しながら歩くわけにもいきません。

やはり、禁止令の出ている市まで存在する今日では、

使わない方が無難かなあと考えてしまいます。



毛皮廃止には大賛成ですが、今あるものをどうするのか?

この点はなかなか悩ましいです。

捨てるのも申し訳ないですし、

さりとて大手を振って着用するというわけにもいかない・・



今日の英単語:individual words  それぞれの単語

You'd better learn phrases, not just individual words
個々の単語ではなく、フレーズごと学んだ方がよいです


これは、英語練習にも言えることで、

ひとつずつの単語を自分で組み合わせるというより、

決まった言い回しをまるごと覚えた方が自然な表現になると思います。










英単語の海を泳ぐ diversity and globalization - にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ