布マスクを作りながら、ダークマターを勉強した   I learned about dark matter while making cloth masks.








4連休ということで、今日はマスクを作った


春先にたくさん布マスクを作って、すっかりマスク作りにも慣れたのですが、そうそうたくさんは必要ないので、しばらくお休みしていました。

今日、頼まれて布袋の修理した際に、ミシンを出したものですから、それならあれもやろう、これもやろうと、午前中はミシンかけの日となりました。

ちなみに、ミシンは、英語で sewing machine といいます。



あまり器用ではないので、いろいろ下手な点が出てくる




まず、前に作った立体マスク用の型紙を出してきました。
厚紙で作ったもので、使いやすいです。

以前、可愛い布集めに凝っていた時期がありまして、マスクならいくつもいくつも作れるくらい布のストックがあります。

ささっと、布に型どりの線を引いて切り取り、ぱっとミシンをかけたのですが、縫う場所を間違えました。

端と端、ゴムを通すところですね、そこを縫い合わせてしまって、やれやれです。
本当にドジなことです。

ぶつぶつ言いながらやり直している途中で、今度はミシンのはずみ車が、おかしくなってきました。

外して、調子をみているうちに、ネジが一個すっとんでしまって、探してもなかなか見つかりません。
かなりの近眼なので、眼鏡をかけてしっかり探すこと5分。
思ったのとは、全然違う場所で発見しました。
見つかってよかったです。

ドジに次ぐドジで、むなしく時間が過ぎていきますが、なんとか、ミシンの調子も戻って、作業再開です。


ダークマターについてのビデオを流しながら

もくもくと作業するのもつまらないので、前に一度見て、途中でやめてしまった、ダークエネルギーとかダークマターとかに関するビデオを流しながら作業しました。

文系の私には、「ふーむ。こういう問題意識を持つというところから、すでについていけない状態だわ」などと、独り言。

物質と反物質!
プラスとマイナスですね?

物理学や天文学は、哲学に近い印象を持ちますね。
超リアリスティックな学問分野を専攻する私は、こういう世界もあるんだなあと、とても参考になりました。
理解できてはいないけれど。


何とか完成しました。

結局、袋の繕いと、ブラウスの袖丈調節と、マスク2個制作で、午前中は終わりました。

手際の悪いことこの上なし。

ボビンに白糸と黒糸をそれぞれ巻き付けたいけれど、元気なしでまた今度ということに。


英語版ビデオをユーチューブで探してもういちど見た

さて、さきほどのダークマタービデオは、日本語版でした。
そこで、ユーチューブで同様の主旨のビデオを探して、もういちど見てみました。
同じものはありませんでしたが、やはりダークマターについての解説ビデオです。

そこで分かったことは、英語で聞いても、日本語で聞いても、聞き取りは同じくらいだったということです。

つまり、最初に日本語で聞いて、ある程度原理を知っていると、英語で聞いても問題なく理解できます。

内容が論理的なので、聞き取りにそれほど苦労しないのです。

しかし内容が理解できたかどうかは、日本語であれ、英語であれ、まだまだといったところでしょう。



コメント